【店舗解約】Q.スケルトン渡しとはどういう意味ですか?

「スケルトン渡し」とは、建物や店舗などの賃貸物件が、基本的な構造や設備のみで提供される形態を指します。具体的には、壁や床、天井などの基本的な構造が備わっており、配管や配線などの設備も一部備えられている状態ですが、内装や家具、機器などは提供されず、テナントが自身でそれらを準備する必要がある状態を指します。

スケルトン渡しの特徴

基本的な構造と設備の提供

スケルトン渡しでは、建物の基本的な構造(壁、床、天井)が整っており、配管や配線などの設備も一部備わっています。また、エアコンやトイレ、水道などの基本的な設備も設置されていることがあります。

内装や家具の自由なカスタマイズ

テナントは自身のビジネスのニーズやコンセプトに合わせて内装や家具、機器を自由にカスタマイズすることができます。壁の仕上げ、床の材料、照明の配置など、自分の希望に合わせたデザインを実現できるメリットがあります。

コストの管理

スケルトン渡しでは、内装や家具、機器などが提供されないため、初期投資や月々のランニングコストを自身で管理する必要があります。一方で、自身のニーズに合わせて選べるため、無駄な費用を削減できる場合もあります。

まとめ

スケルトン渡しは、テナントが自身のビジネスの要件に合わせて柔軟に空間をカスタマイズできる利点があります。ただし、内装や設備の準備や施工には時間と費用がかかることを考慮する必要があります。また、賃貸契約の際には、内装や改修に関する規約や制約を確認し、適切な許可を得ることも重要です。

相談無料♪完全成功報酬型の居抜き売却はみやこ不動産企画へお任せください!

お問い合わせは06-4400-1334まで♪ 受付 11:00 〜 17:00( 土・日・祝日休み )

関連記事

こんな関連記事も読まれています。

ご相談承ります!

お気軽にご連絡ください

メール

お問い合わせはこちら

お急ぎの方はお電話ください

受付時間(平日)

11:00~17:00