【店舗売却】Q.飲食店の設備が残ったままの物件を何と言いますか?

飲食店の設備が残ったままの物件は、「飲食店居抜き物件」と呼ばれます。居抜き物件は、既存の飲食店が撤退または移転した後に、そのままの状態で新たな飲食店が入居することを意味します。

補足

飲食店居抜き物件は、既存の飲食店の内装や設備が一部または全て残っているため、新たな飲食店経営者にとっては効率的で費用節約の手段となることがあります。具体的には、厨房設備(調理台、ガスコンロ、冷蔵庫など)、ダイニングエリアの家具、レジカウンター、トイレなど、飲食店運営に必要な設備が残っている場合があります。 ただし、飲食店居抜き物件には注意点もあります。例えば、前の飲食店のコンセプトやレイアウトに合わない場合、内装の一部や設備の改修が必要になる場合があります。また、飲食店の設備が古くなっている場合、更新や修繕が必要な場合もあります。

まとめ

飲食店居抜き物件を探す場合は、不動産仲介業者や不動産ポータルサイトで「飲食店居抜き物件」というキーワードで検索することができます。物件の詳細や条件を確認し、必要に応じて内見や交渉を行い、自身のビジネスニーズに適した物件を選ぶことが重要です。

相談無料♪完全成功報酬型の居抜き売却はみやこ不動産企画へお任せください!

お問い合わせは06-4400-1334まで♪ 受付 11:00 〜 17:00( 土・日・祝日休み )

関連記事

こんな関連記事も読まれています。

ご相談承ります!

お気軽にご連絡ください

メール

お問い合わせはこちら

お急ぎの方はお電話ください

受付時間(平日)

11:00~17:00