【店舗売却】Q.飲食店の譲渡方法は?

飲食店の譲渡方法は以下のような一般的な手順に基づいて行われます。ただし、地域や国によって手続きや要件が異なる場合がありますので、具体的な情報を入手するためには地元の法律や規制を確認することが重要です。

飲食店の譲渡方法

企業の譲渡契約の締結

譲渡元と譲渡先の間で譲渡契約を締結します。契約では、譲渡の条件、売買価格、引き継ぐ資産や権利、契約解除条件などが取り決められます。

事業譲渡の届出

譲渡元は、所在地の行政機関や関連部署に対して事業譲渡の届出を行います。届出には、事業譲渡の意思表示や関連書類の提出が含まれます。

関連書類の整備

譲渡に関連する書類や証明書類を整備します。これには、営業許可証、食品衛生証明書、税務関連の書類、賃貸契約などが含まれます。

客先への通知

譲渡元は、既存の顧客や取引先に事業譲渡の通知を行います。これにより、顧客や取引関係が引き継がれることが伝えられます。

広告や宣伝

譲渡先は、新たに引き継ぐ飲食店の宣伝や広告を行います。これにより、新たな顧客を獲得するための営業活動が開始されます。

資産の引き継ぎ

譲渡先は、飲食店の資産や機器、在庫などを引き継ぎます。これには、在庫の棚卸しや機器の点検、移動、修理などが含まれます。

顧客や従業員への引継ぎ

譲渡元と譲渡先は、顧客や従業員への引継ぎ手続きを行います。これには、顧客データや契約内容の移管、従業員の労働条件や雇用契約の移行、研修や説明会の実施などが含まれます。

まとめ

これらの手続きは、専門家の助言や地域の法律・規制を遵守しながら進めることが重要です。法務や税務の専門家、実務経験のあるビジネスコンサルタントなどに相談することで、スムーズな譲渡手続きを進めることができます。

相談無料♪完全成功報酬型の居抜き売却はみやこ不動産企画へお任せください!

お問い合わせは06-4400-1334まで♪ 受付 11:00 〜 17:00( 土・日・祝日休み )

関連記事

こんな関連記事も読まれています。

ご相談承ります!

お気軽にご連絡ください

メール

お問い合わせはこちら

お急ぎの方はお電話ください

受付時間(平日)

11:00~17:00