【店舗売却】不動産業者目線の飲食店売却のテクニック

不動産業者の目線で飲食店を高額売却する方法を解説しています。居抜きで飲食店を高額売却したいのであれば、最後までお読みいただき是非活用していただければ幸いです。

まず居抜きの飲食店について

居抜きの飲食店とは、既存の飲食店の店舗を引き継いで新たな飲食店を開業する際に利用される用語です。居抜きとは、元々のテナント(店舗)がすでに存在し、内装や設備などが一部残された飲食店の状態のことを指します。

居抜きの飲食店を開業する利点

居抜きの飲食店を開業する利点はいくつかあります。まず、既に飲食店として使用されていたため、一部の設備や厨房などが揃っていることがあります。これにより、飲食店の開業までの時間や費用を節約することができます。 また、居抜きの飲食店は地域の顧客にとってなじみ深く、既に一定の集客力を持っていることがあります。それに加えて、元の飲食店の履歴や評判がある程度わかるため、新たに出店する飲食店オーナーや飲食店経営者が、信頼性を持って飲食店をスタートすることができます。 ただし、居抜きの飲食店を開業する際には注意点もあります。例えば、元の飲食店のイメージやコンセプトに縛られることがあります。また、飲食店の内装や設備が一部残っているため、自分の飲食店のコンセプトやスタイルに合わない場合は、飲食店の改装やリニューアルが必要になることがあります。 居抜きの飲食店を開業する場合、飲食店の契約や引き継ぎ手続きなど、さまざまな要件があります。地域の法律や規制に従って行動することが重要です。また、必要に応じて飲食店の専門家や飲食店に強い店舗専門不動産業者に相談することをおすすめします。

飲食店の居抜き店舗を高額で売却するためのコツ

飲食店の居抜き店舗を高額で売却するためには、以下のコツを考慮すると良いでしょう。

魅力的な飲食店の状態を維持

居抜きで飲食店を高額で売却するためには、飲食店の状態を良好に保つことが重要です。飲食店を清潔で整然とした状態を維持し、必要な修繕やメンテナンスを行いましょう。

飲食店に付加価値を付ける

飲食店の売却価格を引き上げるためには、飲食店に付加価値を付けることが求められます。例えば、設備や備品の充実、内装の美観向上、人気のあるエリアに位置しているなど、飲食店を購入する側にとって魅力的な要素を持たせることが大切です。

飲食店の顧客層とポテンシャルの明確化

飲食店の売却時には、現在の顧客層と将来の成長ポテンシャルを明確に示すことが重要です。飲食店を購入する側に、飲食店の収益性や将来の収益成長について納得感を与えることが求められます。

マーケティングと広告

飲食店の売却を広く周知するために、適切なマーケティングと広告活動を行いましょう。オンラインプラットフォームや地域の不動産仲介業者を活用して、飲食店の特徴や魅力を積極的に宣伝しましょう。

店舗専門の不動産業者としての助言

飲食店売却は複雑なので、店舗専門の不動産業者に助言を受けることが重要です。必ず専門の業者に相談し、最適な飲食店売却戦略を策定しましょう。

飲食店の売却価格設定の適正性

高額での飲食店売却を目指す場合、飲食店の売却額設定は重要な要素です。市場調査や競合店舗の価格分析を行い、適切な価格を設定しましょう。価格が過剰に高すぎると興味を引かない可能性がありますので、バランスを考えることが重要です。

飲食店売却についてのまとめ

ここまでに解説してきたコツを考慮しながら、飲食店売却のプロセスを進めていくことで、高額な飲食店売却が実現する可能性が高まります。なによりも飲食店に強い店舗専門の不動産業者へ相談することを強くお勧めいたします。飲食店開業に向けて万全に準備し、自分の理想の飲食店をオープンしましょう。

関連記事

こんな関連記事も読まれています。

ご相談承ります!

お気軽にご連絡ください

メール

お問い合わせはこちら

お急ぎの方はお電話ください

受付時間(平日)

11:00~17:00