【店舗売却】居抜き売買の依頼を専門業者にする利点は?

廃業や開業をするときには造作譲渡を利用することが良いと聞いたことがある方も多いと思います。ではなぜ居抜き物件が良いのでしょうか。居抜き売買を利用することについてのメリットと、専門業者に依頼することの利点をご紹介したいと思います。

居抜き売買を行うことの長所は?

まず初めに、居抜き物件とは前のテナントが実際に使用していた設備や内装、備品などをそのまま次のテナントに譲り渡すようになっている物件を指します。廃業するときには店舗をスケルトン物件に戻すことが一般的ですが、貸主の承諾を得て造作譲渡を行っています。工事費や工事期間が短くて済むため、物件が空室になる期間も短くなり、貸主にとってもメリットになります。売り手側は原状回復工事費が不要になり、備品や什器の廃棄費用が不要になること、譲渡益を得られることで撤退コストが安く済みます。買い手側としても設備をそろえる費用や開業までの期間が短くて済むことは大きな利点といえるでしょう。貸主側も空室の期間が短くなるため、賃料の回収が安定することが長所です。

専門の不動産会社を利用する利点

造作譲渡を行う際は賃貸借契約書の内容を確認して原状回復義務の有無や解約予告期間を把握して貸主と交渉していかなければなりません。業種によっては賃貸契約を断られてしまうこともあるため、買い手探しも慎重に行う必要があります。完全に店を閉めるまでは営業しながら、これらの閉店に向けた準備をしなければならないので、経営者にとっては大きな負担です。居抜き売買を専門としている業者に譲渡の依頼をすると、これまでの成功実績や経験によって培ったノウハウを最大限に活用して譲渡のサポートを行います。購入希望者を探すだけでなく、家主との交渉も代行してくれます。自分で交渉しに行ったときには家主からいい返事をもらえなかったが、専門のスタッフが間に立ってくれたことで承諾を得ることが出来た、という事もありえます。買い手側との交渉や引き渡し日のスケジュールの調整、契約書の作成のサポートも受けられる為、円滑にトラブルもなく取引が出来る可能性が高まります。

居抜き売買は専門業者に相談を

居抜き物件の取引の際には買い手と売り手だけでなく、貸主を含めた三者の間でそれぞれの利益となるように調整していかなければなりません。そのため、初めて造作譲渡をする方や慣れていない方にとってはとても難易度が高く、自力で居抜き売買を行おうとして失敗してしまった、というケースも珍しくありません。居抜き売買を行う際は専門の業者に相談・依頼をする事をおすすめします。

相談無料♪完全成功報酬型の店舗売却はみやこ不動産企画へお任せください!

ご相談は 06-4400-1334 まで♪ 受付 11:00 〜 17:00( 土・日・祝日休み )

関連記事

こんな関連記事も読まれています。

ご相談承ります!

お気軽にご連絡ください

メール

お問い合わせはこちら

お急ぎの方はお電話ください

受付時間(平日)

11:00~17:00