【店舗売却】店舗を居抜きで売りたい、売却先の探し方は?

様々な理由で飲食店の廃業を検討している方がいらっしゃると思います。しかし、店を閉めて飲食店業から撤退するにも時間とコストがかかります。コストを少しでも抑えるためにお勧めするのが店舗の居抜き売却です。この記事では、居抜き売却の流れや需要な点を説明したいと思います。

居抜き物件の概要

居抜き物件という名前は聞いたことがある方も多いかもしれません。居抜き物件とは、前のテナント主が所有し、実際に使用していた設備や備品、内装をそのまま譲渡する物件の事を指します。開業する際に設備を準備するための費用や時間を抑えられるため、初期費用が安く済み、すぐに開業できます。

居抜き売買の長所

居抜きで売却することの長所はまず解体工事費が不要になることです。賃貸契約を解約するときには原状回復義務があるため、スケルトン物件に戻すための工事費が必要になります。居抜き売却をする場合は造作をそのまま譲渡するため、この工事が必要ありません。また、工事が不要なため引き渡す直前まで営業を続けることができるのも魅力です。売却する寸前まで収益を得ることが出来るため、生活費の不安を緩和できます。

譲渡の簡単な流れと注意点

売却先を独力で探すのは難しいため、買い手になる心当たりがない場合は居抜き売買を専門的に扱っている業者に依頼することをお勧めします。では、譲渡の簡単な手順を見ていきましょう。

・契約書の確認

居抜き譲渡の前準備として、まずは賃貸借契約書を確認しましょう。解約予告期間と原状回復義務がどうなっているかが重要な点です。貸主との交渉によっては、原状回復義務があっても造作譲渡を承諾してくれる可能性があります。経験や知識のない個人で交渉を成立させることは難しいため、業者に相談すると良いでしょう。他にもレンタルやリース品が造作譲渡可能であるかの確認も必要です。こちらもリース会社と交渉する事で譲渡できる場合もあります。

・居抜き売買を扱う業者を選ぶ

居抜き売買を取り扱っていて、実績のある会社に依頼をします。手数料は業者によって違うため、複数の会社を比較して検討をすると良いでしょう。

・貸主と交渉、承諾を得る

アドバイスや相談内容をもとに造作譲渡の交渉をします。業者が交渉の対応をしてくれる場合もあります。ぜひ活用してみてください。

・購入希望者を探す

現地調査や査定後、譲渡する備品のリストアップして売却額が決まれば購入希望者を探します。ネットのサイトに掲載したり、内覧会を開くなど方法は業者によって様々です。

・買い手との交渉を造作譲渡契約

売却条件の交渉が終われば造作譲渡契約を締結します。

・引き渡し

売り手側が賃貸契約を解約し、買い手が賃貸契約を貸主と結べば引き渡しが完了します。

まとめ

居抜き売買を検討している方は、まず専門業者に相談することをお勧めします。契約書や譲渡リストの作成、交渉など、様々な専門的な知識が必要になってくるため、仲介業者に依頼することでトラブルや取引失敗を防ぐことが出来ます。みやこ不動産では、造作売買に関する専門的なサポートを行っています。是非ご相談ください。

相談無料♪完全成功報酬型の店舗売却はみやこ不動産企画へお任せください!

ご相談は 06-4400-1334 まで♪ 受付 11:00 〜 17:00( 土・日・祝日休み )

関連記事

こんな関連記事も読まれています。

ご相談承ります!

お気軽にご連絡ください

メール

お問い合わせはこちら

お急ぎの方はお電話ください

受付時間(平日)

11:00~17:00