【店舗売却】居抜き物件の査定をお願いするには?成功へのステップバイステップガイド!

居抜き物件の査定は、新規開業や拡張計画を持つ事業主にとって重要なプロセスです。正確な査定を受けることで、自身のビジネス計画に合った最適な物件を見つけることができます。本記事では、居抜き物件の査定をお願いするためのステップバイステップガイドを提供します。これに従って、成功への道を切り拓きましょう。

目標と予算の設定

最初に行うべきことは、目標と予算の設定です。どのようなビジネスを展開するのか、どのような顧客層をターゲットにするのかを明確にしましょう。また、物件にどれくらいの予算を dest をすることができるのかも考慮しておきます。これらの情報は、査定を依頼する際に不動産会社に伝えるための基準となります。

不動産会社の選定

次に、信頼できる不動産会社を選定しましょう。地元の不動産市場に精通した会社や、居抜き物件に特化した専門の会社を探すことをおすすめします。インターネット上での口コミや評価、実績などを参考にしながら、複数の不動産会社を比較しましょう。また、査定依頼前に事前に面談を行い、相性やコミュニケーションのスタイルが合うかどうかも確認しましょう。

物件の詳細の提供

査定を依頼する前に、物件の詳細な情報を不動産会社に提供する必要があります。物件の所在地、面積、レイアウト、設備、周辺環境などの情報を正確かつ詳細に伝えましょう。また、前のテナントの業種や営業実績、撤退理由などの情報も共有することが重要です。これにより、不動産会社はより正確な査定を行うことができます。

現地査定と評価

不動産会社が物件を現地で査定し、評価を行います。査定では、物件の状態、立地条件、周辺環境、競合物件の存在などが考慮されます。また、物件の需要と供給のバランスや市場のトレンドも重要な要素です。不動産会社はこれらの情報を総合的に評価し、査定額を算出します。

提案と交渉

不動産会社から提案があった場合は、詳細を確認しましょう。提案には家賃や契約条件、リース期間などが含まれます。提案が予算や目標に合っている場合は、交渉に入ることができます。査定額や契約条件の再交渉を行い、最終的な合意に至るよう努力しましょう。

契約の締結と実行

提案と交渉がまとまったら、契約を締結しましょう。契約書をよく読み、細部まで確認することが重要です。また、契約条件や支払いスケジュールなどの詳細を理解し、適切に実行していきましょう。必要な保険やライセンスの手続きも忘れずに行いましょう。

まとめ

居抜き物件の査定をお願いするためには、目標と予算の設定、信頼できる不動産会社の選定、物件の詳細の提供、現地査定と評価、提案と交渉、契約の締結と実行というステップを踏む必要があります。これらのステップを丁寧に進めることで、自身のビジネス計画に合った最適な居抜き物件を見つけることができます。査定プロセスは時間と労力を要しますが、成功への道を切り拓くためには欠かせないものです。

相談無料♪完全成功報酬型の店舗売却はみやこ不動産企画へお任せください!

ご相談は 06-4400-1334 まで♪ 受付 11:00 〜 17:00( 土・日・祝日休み )

関連記事

こんな関連記事も読まれています。

ご相談承ります!

お気軽にご連絡ください

メール

お問い合わせはこちら

お急ぎの方はお電話ください

受付時間(平日)

11:00~17:00