【店舗出店】知っておくべき貸店舗と居抜き物件の基礎知識

この居抜き物件にはスケルトン物件に比べて多くのメリットがある反面、気を付けるべき点も存在します。こういったメリットデメリットをきちんと把握した上で自分の条件に合った物件を見つけましょう。また、契約時の注意点もご紹介します。

居抜き物件とは

そもそも居抜き物件とはなんでしょうか?簡単に言うと「前回の利用者が退店した状態のままの物件」です。例えば前回の利用者の方針に沿った壁紙や机などの造作や什器、調理に使っていた設備などがそのまま残っている状態です。スケルトン物件であれば借主は自ら物件に取り付けた物は全て撤去した上で契約当初の状態に戻して貸主に返却する必要がありますが、貸主・借主が承諾すれば居抜きの状態で次の利用者に引き継ぐことができます。しかし居抜き物件にも状態の差がありますので、家具しか残っていないような物件などもあります。

居抜き物件のメリットは

まずはメリットから説明していきます。居抜きのメリットはなんといっても初期コストの大幅な減少です。配管・配線・調理機器などが十全に使える居抜き物件であれば少ない 工事費用と設備投資で済むので工事完了までの費用や時間をかける事なく早期の開店も可能になってきます。ただし、こういったスムーズな開店にするためには自分の望む店舗であるかどうか事前にきちんとチェックしておきましょう。事前確認が不足していると以下のようなデメリットが発生する可能性があります。

居抜き物件のデメリットは

デメリットとしては、予想外の出費がかさむ可能性がある。という点です。上記で初期費用を抑えられることを説明しましたが、もしチェックが不十分であった際には営業スタートしてから使えると思っていた厨房機器が壊れていて使えなかった、や修理費用がかかってしまった。壁紙が思ったより汚れていて張り替える費用がかかった。修理しようにも直すことが出来ないため廃棄費用がかかってしまったなどです。契約を結ぶ前にきちんと使えるものなのか、自分の店の方針とは合っているのか確認しておきましょう。

居抜き物件を探すには

居抜き物件を探すとなってもどこから探せばいいか迷ってしまうでしょう。まずは居抜き物件情報サイトがインターネットでありますので登録してみましょう。そこである程度の条件が定まったら自分の開店したい地域の担当の居抜き専門の不動産業者にも相談するのがお勧めです。相談だけであれば無料で対応してくれる業者がほとんどですのでそこで希望する立地や何の店舗なのか、広さや予算なども相談しても良いでしょう。また条件の良い物件はすぐに契約が決まってしまう可能性が高いのでそういった情報を早期に提供してもらうためにも業者との連絡はきちんと取っておき、信頼関係を築いておきましょう。

契約で気を付けるべきポイント

最終的な契約を結ぶ前に気を付けておくべきポイントがいくつかあります。事前にしっかりチェックしておきましょう。 ①備え付けの設備は今後もしっかり動くものなのか ②引き継いだものの中に、リース契約が残っているものは無いか ③見えにくい配管や配線などの設備の老朽化は無いか ④もし退店する際にはスケルトン化する必要はあるのか ⑤賃貸契約の名義はどうなるのか 以上のポイントには気を付けておきましょう。確認不足のまま契約を交わしてしまうと後々になって大きなトラブルの原因になります。上記のポイントとは別に、前利用者が退店した理由をチェックしておくべきでしょう。経営不振での退店の場合には、前利用者と同じような営業をしても同じ失敗に繋がります。しっかりとした経営戦略を立てておきましょう。 いかがだったでしょうか?居抜き物件は初期コストを大幅に抑えて店舗を構える事ができますが、立地などによって売り上げも大きく左右されます。人通りの多い駅前などの好立地の居抜き物件などであればすぐに借主がつき、良い物件を見つけるのは難しいでしょう。ですが今の時代であればネットやSNSなども上手く利用して好立地とは言えない隠れ家のような店舗も人気を集めています。自分の方針や条件などをきちんと考慮し、しっかりとした経営戦略を立てて良い物件が見つけましょう。

居抜き店舗をお探しであればみやこ不動産企画へお任せください!

ご相談は 06-4400-1334 まで♪ 受付 11:00 〜 17:00( 土・日・祝日休み )

関連記事

こんな関連記事も読まれています。

ご相談承ります!

お気軽にご連絡ください

メール

お問い合わせはこちら

お急ぎの方はお電話ください

受付時間(平日)

11:00~17:00