【店舗出店】居抜き物件とは?メリット・デメリットから探し方まで徹底解説

居抜き物件とは、既存の店舗や施設をそのまま引き継いで利用することができる物件のことを指します。具体的には、飲食店や小売店、事務所など、様々な業種の店舗が含まれます。居抜き物件を利用することで、新規開業や店舗移転の際に、建物や設備などの初期投資を削減することができます。

居抜き物件のメリット

居抜き物件を利用することには以下のようなメリットがあります。

設備や備品の利用

居抜き物件では、既に設置されている厨房や冷蔵庫、ショーケースなどの設備や備品をそのまま利用することができます。これにより、新たに設備を揃える必要がなく、経済的なメリットが得られます。

時間と労力の節約

居抜き物件では、既に店舗としての基本的なレイアウトや内装が整っているため、リノベーションや改装にかかる時間と労力を削減できます。開業までの期間が短縮され、早期に営業を開始することができます。

地域の認知度

既存の店舗を引き継ぐことで、地域の顧客や利用者からの認知度を利用することができます。地域に根ざした商圏や既存の顧客層を継承することで、新規開業時の集客や売上げに有利になるでしょう。

競合他社の情報

居抜き物件は、既に同じ業種の店舗が存在する場所に多く見られます。そのため、競合他社の情報や市場の需要・トレンドを把握しやすくなります。競合他社の成功や失敗の経験を参考にすることで、事業の展開やマーケティング戦略を立てる上でのヒントとなります。

居抜き物件の探し方

居抜き物件を探す方法はいくつかあります。以下に代表的な探し方をいくつかご紹介します。

不動産仲介業者の活用

地域の不動産仲介業者に相談し、自身の要件に合った居抜き物件を探してもらう方法です。不動産仲介業者は幅広い物件情報を持っており、希望条件に合致する物件を紹介してくれることがあります。

不動産ポータルサイトの活用

インターネット上の不動産ポータルサイトには多くの物件情報が掲載されています。条件やエリアを絞り込み検索を行うことで、居抜き物件を見つけることができます。定期的にサイトをチェックすることで新着情報を把握しましょう。

商業施設や商店街の探索

地域の商業施設や商店街には多くの居抜き物件が存在します。歩いて探索し、貼り紙や看板、直接のコミュニケーションを通じて情報を収集する方法です。地元の商店街には個性的な店舗が集まっていることがあり、居抜き物件の情報を得ることができる場合があります。

物件情報誌や広告のチェック

地域の物件情報誌や広告にも居抜き物件の情報が掲載されていることがあります。地元の不動産会社が発行している物件情報誌や、地域の新聞や雑誌に広告が掲載されている場合もありますので、こうした媒体をチェックしてみましょう。

まとめ

これらの方法を組み合わせて、自分の希望条件やニーズに合った居抜き物件を探してみてください。また、物件の内見や現地調査を行い、実際の状態や周辺環境を確認することも重要です。適切な物件を見つけるためには時間と労力が必要ですが、自身のビジネスに適した居抜き物件を見つけることができれば、成功への一歩を踏み出すことができるでしょう。

居抜き店舗をお探しであればみやこ不動産企画へお任せください!

ご相談は 06-4400-1334 まで♪ 受付 11:00 〜 17:00( 土・日・祝日休み )

関連記事

こんな関連記事も読まれています。

ご相談承ります!

お気軽にご連絡ください

メール

お問い合わせはこちら

お急ぎの方はお電話ください

受付時間(平日)

11:00~17:00