【店舗解約】Q.スケルトンと居抜きどっちが?

「スケルトン」とは、建物や店舗などの賃貸物件が基本的な構造や設備のみ提供される状態を指します。内装や家具、機器は提供されず、テナントが自身でそれらを準備する必要があります。一方、「居抜き」とは、既存の店舗や事業者が使用していた物件を引き継ぎ、そのまま利用する形態を指します。居抜き物件は、既存の店舗の内装や設備が一部または全て残っているため、新たなテナントはその設備を利用することができます。

スケルトンと居抜きの違い

提供される状態

スケルトンは基本的な構造や設備のみが提供されますが、内装や家具、機器は提供されません。一方、居抜きは既存の店舗の内装や設備が一部または全て提供されます。

準備の負担

スケルトンでは、テナントは内装や家具、機器などを自身で準備する必要があります。一方、居抜きでは、既存の店舗の内装や設備が残っているため、それらを活用できるため、自身での準備や調達の負担が軽減されます。

カスタマイズの自由度

スケルトンでは、テナントは内装や設備を自由にカスタマイズすることができます。一方、居抜きでは、既存の内装や設備があるため、カスタマイズの自由度は限定されますが、基本的な設備の利用や改修が容易です。

まとめ

どちらが適しているかは、テナントのニーズや予算、時間的な制約などにより異なります。スケルトンは、自身のビジネスに合わせたカスタマイズやコスト管理が重視される場合に適しています。一方、居抜きは、既存の店舗の設備を利用することでスピーディーな開業やリスクの低減を図りたい場合に適しています。

相談無料♪完全成功報酬型の居抜き売却はみやこ不動産企画へお任せください!

お問い合わせは06-4400-1334まで♪ 受付 11:00 〜 17:00( 土・日・祝日休み )

関連記事

こんな関連記事も読まれています。

ご相談承ります!

お気軽にご連絡ください

メール

お問い合わせはこちら

お急ぎの方はお電話ください

受付時間(平日)

11:00~17:00