飲食店開業はM&Aで始めましょう。売却の時期から計算して分かりやすい経営目標を立てよう。

たとえ流行に敏感な業界であったとしても、必ず浮き沈みがあります。実際の開業資金は数千万円クラスは当たり前なのです。そのような飲食業界へゼロから参入するのは非常に難しく、相当な覚悟が必要となります。最近は新しい独立手法として、「手間がかからない」「リスクが少ない」といったメリットがある「M&A」が非常に注目されています。この記事ではそんなM&Aの有効性について解説していきます

会社規模よりも圧倒的にキャッシュフローが大切です

M&Aの世界では「EXIT」という言葉でよく表現されます。直訳は「出口」なのですが、この業界では株主や経営者のゴール設定としての方針の事を表します。 これから起業される方は、最終的に「どのように」EXITするのかを確定しておくことが大切なのです。

EXITの種類

1. 倒産 2. 相続 3. 清算 4. IPO(株式公開) 5. M&A 経営者が会社を手放す場合、大体は1~5のいずれかに分類されます。清算・倒産を望む人はまず居ませんので、相続・IPO・M&Aのいずれかにゴール設定すると思いますが、意外と具体的に設定している方が少ないのです。 株式公開をするには事業の成長戦略が必要であったり、規模感や管理体制を整えたりする事が大変です。M&Aで売却する事で譲渡金額を入手したい場合は、収支実績を作成したり必要な関係書類やデータを常々日頃から管理しておかなければなりません。 親族に相続する場合であっても、経験の少ない親族が経営に入る可能性があり、そういった場合でもスムーズに組織として機能するように組織作りを徹底し、人間関係なども事前に構築しておかなければ非常に大変なことになってしまいます。 M&Aでは、購入する側が検討する為に必要な資料が非常に多く、速やかに提出出来なければ売却金額の交渉にも影響が出る事があります。その為、漠然とした年商目標であったりとか、出店目標ではなく、年商を達成したらどうするのか、何の為に〇店舗も出店しなければいけないのか」を明確にイメージし、合理的なシナリオ立てをしていくことの重要性を認識しなければいけません。アメリカでは9割以上のEXITがM&Aと言われており、これからの日本も小規模M&Aがより活発になっていくと予想されているのです

相談無料♪完全成功報酬型の店舗売却はみやこ不動産企画へお任せください!

ご相談は 06-4400-1334 まで♪ 受付 11:00 〜 17:00( 土・日・祝日休み )

関連記事

こんな関連記事も読まれています。

ご相談承ります!

お気軽にご連絡ください

メール

お問い合わせはこちら

お急ぎの方はお電話ください

受付時間(平日)

11:00~17:00